中学受験は名古屋が熱い!

http://www.yomiuri.co.jp/kyoiku/renai/20080229us41.htm
 夕刻の名古屋駅周辺。反射材で「N」の文字を縫いつけたカバンを背負う子供の姿が見かけられるようになった。首都圏が本拠の中学進学塾「日能研」の通学用カバンだ。

 日能研グループは昨年12月、名古屋が本拠の予備校「河合塾」グループと合弁で「日能研東海」を設立。今月、名古屋駅前校を開校した。関西や九州にはすでに進出、教室数は125を数えるが、東海地方には初進出だった。

 開校直前には1日100件以上の問い合わせがあり、駅前校には4月から小学3〜6年生になる約300人が入会した。河合塾新教育事業本部を経て就任した日能研東海の野田幹人社長(49)は「全国レベルで競うことで、東海地方の子供たちも学力を伸ばせる」と自信を見せる。

 3月には市内に千種校を開校、4年後に東海3県で15校にする計画。河合塾が持つ中学受験指導の「小学グリーンコース」も来年やめ、河合塾が日能研のフランチャイズとなる形だ。


 日能研の授業は、講師が生徒と活発に意見交換しながら進め、家庭で授業の復習をさせる。2教科か4教科のコースを選ぶようになっており、クラスや席順は成績で分ける。これに対し、河合塾のグリーンコースは、週末のテストに向けた予習を基本に、様々な授業が選べた。地元でのブランド力もあり、「日能研に地元校の情報はあるのか」と戸惑う保護者もいる。

 だが、野田社長は「自学自習中心のグリーンコースは今の子供たちには不向き。首都圏を中心に日能研のような復習型がトレンドになっている」と説明する。日能研グループから派遣されたベテラン講師が、河合塾から移る講師に指導法を伝授している。


 難関私立中への進学実績を誇る日能研との連携で、中学受験事業を拡大したい河合塾。その背景には、愛知県内での私立中学受験人気の高まりがある。

 同塾によると、滝、東海、南山など、名古屋周辺の有力私立中9校の志願者数は、1990年代までは7000人前後だったが、昨年は1万人を上回った。県内の私学全体の受験率は8%程度だが、名古屋市内ではクラスの半分が受験する小学校もあるという。

 自動車産業など名古屋経済が好調で、大手企業の社員家族が首都圏や関西から転入してきていることもあり、ゆとり教育不信から高まる私学人気が名古屋にも波及した格好だ。市場が広がる中、地元の塾業界は活況を呈しており、名古屋中心に33校を展開する「名進研」は年1、2校の割合で校舎を増設。関西の大手「浜学園」(兵庫)も2003年に名古屋に進出している。

 日能研の進出に名進研進学情報センターの小川雄康(かつやす)部長(53)は「パイを奪い合うというよりも、むしろニーズの掘り起こしにつながる」と歓迎する。名古屋に訪れた中学受験熱が一過性で終わらないとすれば、公立もうかうかとしてはいられない。(松本由佳、写真も)

 首都圏では5万2500人 中学進学塾「四谷大塚」(東京)によると、首都圏の国私立中学受験者数は今年、約5万2500人(受験率18%)の見込み。過去最高だった昨年をわずかに上回りそうだ。公立不信に加え、私立が、共学化や、高校からは入学できない完全中高一貫化を進めている面も影響している。皮肉にも、公立の中高一貫校の相次ぐ開設が、私立を考えなかった層も受験に向かわせている。

(2008年2月29日 読売新聞)

posted by 名古屋っ子 at 23:34 | 名進研とは?

名進研の「正月特訓教室」

 難関私立中学を目指す小学生が泊まり込みで勉強する「正月特訓教室」が31日、名古屋市中区の名古屋観光ホテルなどで始まった。愛知、岐阜両県の6年生540人が、大みそかと正月を返上し志望校合格を目指す。

 県内に28教室を持つ中学高校受験予備校の「名進研」(西区)が毎年実施し、今回が24回目。1月下旬から始まる入試を前に2日までの3日間、毎日10時間以上、国語、算数、理科、社会の4教科の問題演習と講義に打ち込む。

 同ホテルでの開講式には、水色のトレーナーと「必勝合格」と書かれた鉢巻きを身に着けた県内の男子児童218人が出席。「努力は裏切りません」「ここで戦い抜いて」などと塾OBの中学生から激励を受けた後、保護者の見守る中、「第一志望校合格目指してがんばるぞ」とこぶしを突き上げ、気勢を上げた。

 名東区の加藤雄一郎君(11)は「特訓で前より算数の成績を良くし、志望校合格の可能性を上げたい」と話した。

名進研
posted by 名古屋っ子 at 11:13 | 名進研とは?

模試「名進研プレ中学入試」

名進研プレ中学入試は、私立中学を目指す小学6年生だけが受験する、東海地区最大級の私立中学受験専門の公開模擬試験です。

出題する内容は、この地区の私立中学校で過去に出題された入試問題を基に、 毎年変化する入試傾向を反映させたオリジナル問題で、受験会場も大学や私立中学校など大会場で実施される。

テスト結果は、平均点、順位、偏差値、「必修復習項目」などのデータを載せた個人別成績表と一目で弱点がわかる個人別正答率表を付けて返却される。

受検料:4,725円(税込)

2007年度プレ中学入試実施日
第1回 4月29日
第2回 6月3日
第3回 8月27日
第4回 11月4日
第5回 1月6日

算数 50分 100点
国語 50分 100点
理科 35分 100点
社会35分 100点

出題範囲
※プレ中学入試は第3回以降は全範囲が出題範囲となります

実施日 第1回 4月29日
算数 5年生までの教科書範囲、計算(分数の乗除まで)、数の性質(倍数と約数)、割合と比、単位量あたりと速さ、平均、角柱・円柱と体積、対称図形、平面図形と比、相似、場合の数、規則性

国語 説明・論説文、物語・小説、熟語の組み立て、三字・四字熟語、ことわざ・慣用句、漢字(5年生までの教科書範囲)

理科 水溶液の性質(計算を含む)、中和、メダカ・水中の小さな生物、天気の変化、太陽の動き、たねのつくり、発芽と成長

社会 室町時代、安土・桃山時代、江戸時代前期(家康〜家光、士農工商の世の中、鎖国への歩み)、日本の工業、日本の貿易


実施日 第2回 6月3日
算数 4月29日の範囲、比例・反比例、図形の移動、集合算

国語 説明・論説文、随筆文、類義語・対義語、同音異義語・同訓異字、漢字(5年生までの教科書範囲)

理科 回路と電流、電流のはたらき、もののとけ方、月の満ち欠け、植物のつくりとはたらき、ばね・てこ

社会 江戸時代中期(綱吉〜水野忠邦、諸産業、交通、都市の発展)、江戸時代後期(外国船の接近〜大政奉還)、江戸時代の文化、明治時代(明治維新〜国会開設)、日本の農業、日本の水産業


posted by 名古屋っ子 at 19:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 名進研とは?

名進研の沿革

1984年 名古屋進学研究会(名進研)発足、名駅校開校
    東海地区初の正月特訓教室を実施(1984年12月31日〜1985年1月)
1985年 白壁校、高針校開校
1986年 鵜沼校、桑名校開校
1987年 鳴海校、日進校開校
    東海地区初の受験情報誌「愛知県中学・高校受験案内」出版
1988年 植田校開校
    東海地区初の塾主催の有名私立中学校学校説明会実施
    高針校移転拡張
1989年 藤が丘校、千代が丘校開校
    白壁校、鳴海校移転拡張
1990年 覚王山校開校
1993年 庄内通校、日進岩崎校、本山校開校
    植田校移転拡張
    情報部門を独立させ「オフィス悠」設立
    私立中学校入試問題集「合格奪取」出版
1994年 中村公園校開校
1995年 御器所校開校
    東海地区初中学受験専門の公開模試「名進研プレ中学入試」を実施
1996年 汐路校、桜本町校、新岐阜校、長良校、黒野校開校
    白壁校3度目の移転拡張
    名進研オンラインネットワークシステム導入
1997年 鳩岡校、一社校、本郷校、長久手校開校
    藤が丘校移転拡張
    本山校と覚王山校を拡大合併して新本山校開校
1998年 高針校、日進岩崎校を拡大合併して新高針校開校
    鳴海校3度目の移転拡張
    本社ビル竣工、名駅校移転拡張、名進研ホール完成
1999年 日比野校開校
    学校法人名進研学園「キッズランド幼稚園」開園
2000年 山下通校、松葉公園校開校
    千代が丘校と本郷校を拡大合併して文教台校開校
    新岐阜校移転拡張
    桑名校分離独立(現三重進学研究会<三進研>)
2001年 相生校開校
    名進研第二次オンラインネットワークシステム導入
    御器所校新校舎竣工
2002年 若水校開校
    日進校、長良校移転拡張
2003年 小幡校開校
    中村公園校移転拡張
    白壁校4度目の移転拡張
    金山校開校
    汐路校移転拡張し新瑞校として開校
    桜本町校移転拡張し笠寺校として開校
2004年 当知校開校
    美濃加茂校開校
    植田校移転拡張
    東進衛星予備校名古屋名駅校・植田校開校
    速読・速解力講座、ロボット科学教育講座開講
2005年 小牧校開校
    国府宮校開校
2007年 平安通校開校
    庄内通校新校舎竣工
posted by 名古屋っ子 at 18:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 名進研とは?